Top > 不妊治療薬「セトロタイド」

不妊治療薬「セトロタイド」

不妊治療の進歩は、多くの妊娠に至れない夫婦にとって常に大きな関心事でした。不妊治療を受けたからといって、必ずしも妊娠が成立するというものではなかったからです。

 不妊治療薬として最近注目されているのが「セトロタイド」。このセトロタイドの効能としては、「調節卵巣刺激下における早発排卵防止」というものです。これはわかりやすく説明すると――

不妊治療の一つに体外受精があるわけですが、その際、卵胞の発育を促進して受精可能な複数の成熟卵子を得るための卵巣刺激が行われます。しかし、この過程で黄体形成ホルモンの急激な上昇が起こると、卵が成熟しなかったり、採卵前に排卵(早発排卵)されてしまうことがあります。これでは体外受精は失敗してしまいますが、セトロタイドはこれを防止するのです。

不妊治療にあたる医師たちの間では、この不妊治療薬は、不妊治療における新たな選択肢として期待されています。

 

 へぎそば  讃岐うどん  水沢うどん
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
不妊検査(2009年10月25日)
不妊検査の内容(2009年10月25日)
不妊治療を受ける際の心構え(2009年10月25日)
不妊治療薬「セトロタイド」(2009年10月25日)