Top > 不妊検査

不妊検査

不妊検査とは、その名前のとおり、妊娠できない原因を検査によって突き止めることです。

不妊症の定義は「妊娠を希望する健康な男女が、2年以上正常な性生活を行っても妊娠しない状態」です。ですから、その夫婦が妊娠を望んでおらず、かつ健康であれば、不妊症とは言いませんし、不妊検査や治療も必要ありません。しかし、妊娠を望んでいるのに妊娠できない場合は、不妊検査を受けることになります。

妊娠が成立しない原因は、必ずしも女性側にのみあるわけではありません。その割合は一般的に、女性側に問題があるケースが1/3、男性側が1/3、両者に問題があるケースが1/3と言われています。よって、男女のどちらか、もしくは双方が、明らかに不妊に至るような病気にかかっている場合を除いては、不妊検査は男女双方が受けることになります。

 

 バーボン・ウイスキー  ダイエットの最終兵器ホットヨガ  生命保険の基礎知識
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
不妊検査(2009年10月25日)
不妊検査の内容(2009年10月25日)
不妊治療を受ける際の心構え(2009年10月25日)
不妊治療薬「セトロタイド」(2009年10月25日)