-不妊検査と治療

2009年10月アーカイブ

不妊検査

| コメント(0) | トラックバック(0)

不妊検査とは、その名前のとおり、妊娠できない原因を検査によって突き止めることです。

不妊症の定義は「妊娠を希望する健康な男女が、2年以上正常な性生活を行っても妊娠しない状態」です。ですから、その夫婦が妊娠を望んでおらず、かつ健康であれば、不妊症とは言いませんし、不妊検査や治療も必要ありません。しかし、妊娠を望んでいるのに妊娠できない場合は、不妊検査を受けることになります。

妊娠が成立しない原因は、必ずしも女性側にのみあるわけではありません。その割合は一般的に、女性側に問題があるケースが1/3、男性側が1/3、両者に問題があるケースが1/3と言われています。よって、男女のどちらか、もしくは双方が、明らかに不妊に至るような病気にかかっている場合を除いては、不妊検査は男女双方が受けることになります。

 

 バーボン・ウイスキー  ダイエットの最終兵器ホットヨガ  生命保険の基礎知識

不妊検査の内容

| コメント(0) | トラックバック(0)

妊娠できない理由は幾通りもあるため、不妊検査もいくつかの種類を受けることになります。

不妊検査の主なものは以下のとおりです。
 ・基礎体温
 ・超音波検査による卵胞の観察
 ・黄体ホルモンの血液検査
 ・子宮卵管造影
 ・腹腔鏡
 ・卵管通気検査
 ・精液検査
 ・ホルモン検査
 ・性交後試験(ヒューナーテスト)
 ・超音波検査
 ・子宮鏡検査
 ・子宮内膜組織検査
 ・抗精子抗体検査
 ・頚管粘液検査
 ・超音波による卵胞径の計測
 ・尿中LH検査

不妊検査の内容をこうして並べると、女性側に原因があるケースが多いと思われがちですが、実際は男性側に問題があるケースも決して少なくないので、不妊検査は夫婦揃って受けるものであると認識しましょう。

 

 佐野ラーメン  富士宮焼きそば  ホルモン焼き

妊娠を待ち望んでいる人は多いですが、思うように妊娠できない人が多いのもまた事実です。こうした状態を打破するために、不妊治療を考える人たちも多いと思います。

不妊治療を受ける際に必要なのは、まずは不妊および不妊治療に対する正しい認識です。

妊娠が出来ない場合、必ずしも女性側にだけ問題があるわけではなく、男性側に問題があることも少なくありません。また、妊娠できない原因が病気によるものではなく、体質的・年齢的なものであるというケースも多いのです。また、不妊治療を受ければ必ず妊娠できるというものでもありません。

不妊治療の際は、以上のことを考慮して不妊治療を受けたいものです。

 

 武蔵野うどん  稲庭うどん  盛岡冷麺

不妊治療の進歩は、多くの妊娠に至れない夫婦にとって常に大きな関心事でした。不妊治療を受けたからといって、必ずしも妊娠が成立するというものではなかったからです。

 不妊治療薬として最近注目されているのが「セトロタイド」。このセトロタイドの効能としては、「調節卵巣刺激下における早発排卵防止」というものです。これはわかりやすく説明すると――

不妊治療の一つに体外受精があるわけですが、その際、卵胞の発育を促進して受精可能な複数の成熟卵子を得るための卵巣刺激が行われます。しかし、この過程で黄体形成ホルモンの急激な上昇が起こると、卵が成熟しなかったり、採卵前に排卵(早発排卵)されてしまうことがあります。これでは体外受精は失敗してしまいますが、セトロタイドはこれを防止するのです。

不妊治療にあたる医師たちの間では、この不妊治療薬は、不妊治療における新たな選択肢として期待されています。

 

 へぎそば  讃岐うどん  水沢うどん
カテゴリー
更新履歴
不妊検査(2009年10月25日)
不妊検査の内容(2009年10月25日)
不妊治療を受ける際の心構え(2009年10月25日)
不妊治療薬「セトロタイド」(2009年10月25日)
カテゴリー
更新履歴
不妊検査(2009年10月25日)
不妊検査の内容(2009年10月25日)
不妊治療を受ける際の心構え(2009年10月25日)
不妊治療薬「セトロタイド」(2009年10月25日)